卒乳して良かったな

こんにちは!

ねここあんな。です!

だいぶブログを放置しちゃってました…すみません。

というのも、8月から色々環境の変化がありまして…

さらに9月からも変化だらけで(笑)なかなか慣れずにいました。

大した話ではないけど、インスタの方でそのうちお話ししようかな~と思います!

 

卒乳レポでこんなコメントが…

さて本題に移ります。

今年の3月に卒乳を終えて、先日卒乳レポ(正しくは断乳レポ)を描き終えたわけですが…

意外と多かったのはこんなコメント…

「卒乳を考えていたけど、あんなさんの絵を見ていたらもう少し授乳させてあげたくなっちゃいました!」

 

…おおう!?

 

私の絵にそんな力があったんか…

ってそこではなくて!

逆に私のせいで卒乳を遅らせてしまうお母さま方がいるのか!!!

と責任を感じました(ちょっっっっぴりネ)。

 

そもそも卒乳レポを描いたキッカケは、自分の体験談が誰かのためになるのなら…という理由でした。

そして「卒乳してみてよかった!」と言う気持ちが根底にあるからこそ、動機になったのです。

 

なのに「卒乳させたくなくなったお母さん」を増やしてしまうとは、何事じゃ。

 

 

…と言うことで今回は、卒乳してみてよかったなぁ~と思ったことをあげていこうと思います!

 

卒乳してよかった点

結構たくさんあります。

まずはストレスが軽減した!!!!

ということですね。はい。

最初卒乳後にちょうど手に入れた「すっぽ〇小町」の効果だと思って、効果ハンパねぇって思いました。

いや、あちらの商品ももちろん効果はあったんだと思いますが…

それ以前にたぶん、授乳中にホルモンバランスが崩れていたんだなってことが分かりました。

睡眠だって寝れているようで、きちんとは寝れていなかったんだと思います。

 

そもそもお乳って「血でできている」じゃないですか。

これ私最初に聞いた時、結構驚いたんですけど…

そんなふうに血でできているってことはつまり、お母さんの栄養を持っていかれているということなわけです。

「きっくんが寝る前にちょこっとあげてるだけだから、栄養分はそこまで失われていないって~」と思っていましたが…

そんなことはない。

 

卒乳したら、ちゃんと疲れにくくなっている。

イライラすることも凄く減った。

夫婦喧嘩も激減した。

すこぶる軽快になった!!

 

 

ってのが正直驚きました。

 

肌とこころの調子が整う

あと、肌の調子が整ったなぁって思います。

生理前とかもっと荒れたんだけど…生理前かどうか気づかなかった時もありました。

今まですぐ肌荒れしてから化粧も基礎化粧品でさえも面倒になっていた私。

でも卒乳を機に、「もう一回ちゃんと見直してみよう」って思うようになりましたw

 

女としてちゃんと「するとこしよう」って思えたのも、この卒乳がキッカケです。

 

洋服だって授乳のこと気にしなくていいし、ぶかぶかしてばかりの服だけじゃなくてもいいのです。

 

ムダ毛ケアとかも「どうせ私のこと見てる人なんていない」ぐらいに、やることやらず(笑)

ある意味、やさぐれていました(笑)

 

児童館とかで見かけるキラキラしたママたちに対して「よくそんな余裕あるなぁ」とか思っていたけど、本当はどこか心の隅ではうらやましかったんだろうなって気づきました。

 

振り返ってみると精神的にも「母能」だったなぁ、この二年間。

だけどそんなふうに変わりたかったわけじゃなかった。

変わらざる負えない毎日だったわけで(笑)

 

 

ここから少しずつでもいいから、背伸びしない等身大のケアをしていこうと思いました。

 

結局この気持ちの変化も卒乳のおかげだなって、確信しています。

 

乳腺炎の恐怖と、甘い物への執着とおさらば

まぁこれは当然なんですけどw

少しガチガチして痛みが走るたびに、乳腺炎!?と怯えていた私。

そういうのもなくなり、お酒も飲める。

辛いのや生クリーム系も全然大丈夫!というのがかなりありがたい!

 

で、解禁になった途端甘い物への執着が無くなりました(笑)

これも不思議なもので…禁断症状だったのかな?

ダメなものほど食べたいもので。

それと母乳をあげていたストレスのせいか。

突然「生クリームが食べたい!!!」という感情が湧き出てコンビニのロールケーキ(生クリームばっかりのやつ)を買いに行くこともあったんだけど←やべぇやつ

そういうの一切なくなりあんま興味なくなりました。

よかった…

 

最後に

そんなところが代表的でしょうか。

細かい事をあげだしたらキリがなさそうなので。

ここでインスタにあげた私の妄想劇をお送りします~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上私の「こんなふうにきっくんに思ってもらえてたらしあわせだな」っていう気持ちを込めて描きました。

これを描きたいのもあって「断乳」より「卒乳」って単語にしたかった。

 

まぁ想像なんだけどさ、きっときっくんならこんな風に思ってくれているよなって思うんだ。

そんで世の中の赤ちゃんだって似たようなこと思ってるんじゃないかって思うんだ。

そしたらこの話を多くのお母さんと共有したいって思ったんだw

 

いつもお付き合いくださりありがとうございます!!!!!