卒乳レポ⑫~ついに乳離れ!?を感じた一日~

こんにちは!

ねここあんな。です!

卒乳レポを残しておこうと思います!

このことは2019年3月の出来事です。
(息子は2月に2歳になったばかり。)

 

前回の記事はこちらから↓

卒乳レポ⑪~きっくんの作戦「押してダメなら…」編~

卒乳レポまとめはこちら→卒乳レポまとめ

 

※ちなみに表紙では「卒乳」というワードを使っていますが、親の都合でやめる場合、正しくは断乳です。

うちでは無理やり断ったかんじにしたくなかったし、ちゃんときっくんに意味を伝えて「卒業しようね」と声をかけていました。

そのため「断乳」ではなく「卒乳」という言葉を当時使っていたんでそのまま「卒乳レポ」という言葉を使っています!

 

断乳5日目の朝の出来事

表紙変えましたw

捨てられた女風w

朝まで寝ててくれたことには本当に感謝でした。

断乳が始まるときに自分なりに「子どもが夜に起きてしまう要素」を少しでも除外したいと思っていました。

だって起きてしまうからおっぱいを求めるんですもんね。

もう少し大きい子なら、夜中におしっことかで起きることもあるでしょう。

でもきっくんは2歳。

オムツをしてるのでそれ以外で、起きるキッカケについて考えてみました。

 

これはあくまで私個人の思いつきなのですが「大きな音がした」「部屋が明るくなった」「おなかがすいた」とかが大きな原因じゃないかなーと思ったんです。

最初の二つは気を付けられるとしても、「おなかがすいた」は難しいですよねー。

食べない時もあるしね。

だから夕飯はなるべく多めに、食べられるものを食べられるだけ与えていました。

 

夜中に「おなかすいた!おっぱいよこせ」となっても泥試合になることは間違いないことなので…

せめて何か気を紛らわせるものを…

そう思って枕元に置いていたものがありました!

 

それがこれ。↓

この頃は3月なので、窓際に置いていたら冷えていました☆

が、さすがにこの季節はきちんと冷やしておきましょうね。

保冷バックとかを使って枕元に、とかも手ですよね。

なんてったって、夜の目覚めは“時間”が勝負…。

 

うちだけかもしれませんが、息子のきっくんは

「起きる→ちょい泣き→だんだん目が覚める→ついには眠れなくなってギャン泣き」

というパターンが多くて。

最初のちょい泣きの時点での対応が遅くなると、これまた泥試合に突入して朝を迎えてしまうわけです…(笑)

 

一応まとめ買い用(6個)のもの貼っておきますね!↓

コンビニとかで190円以上していたので、amazonのまとめ買いのほうがお得みたいですね!

他にもリンゴ味とかマンゴーもあります!

私食べたことあるけど、美味しかったですよ♡

しかも結構売ってるところが限られてくるんですよね!!

 

うちでは卒乳期間中、「飢え」での愚図りだけは回避したくて、コレも用意していました。

これめっちゃ使えます!!

車の運転中に騒がれたときとか、電車での移動中とか!

自分でモミモミできるから、その感覚も楽しいし。

 

あでも、最初のうちは何度かこぼしていましたね。

慣れてからじゃないと、(移動中とかだと余計に)親の方がテンパるかもしれませんw

 

あと適正年齢?とかも気を付けてくださいネ!

うちはそこまで神経質に気にしていないのですが、さすがに0歳児だったらオススメとは思っていません~!

そこはお子さんのお母さんが一番理解しているでしょうから、ご自身でお考え下さいね!

 

二度寝して気がつくと、そこにいたのは…

我が家は寝室が二階にあるので、こういう時かなり焦ります。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

朝バナナゼリーさえあれば、トット(お父さん)の隣で寝たいって?

くっそー!!!

しかも目があった時、一瞬なんで「はっ!ばれた!」みたいな顔したんだ…w

 

なんか悔しい5日目の朝でした(笑)

 

本当は一日丸っと書く予定だったのに、どうしてもインスタの10枚という縛りの中に収められませんでした!

なのでとりあえず5日目の後半は⑬にて描きます~!!

 

なんだか7月はあっという間に過ぎてしまって、描き始めてからだいぶ経つ気がしていますが…また5日目なんですね(笑)

いつも更新が遅くて申し訳ないです!

 

最後に

 

 

あんなに私の事、求めてくれていたのは何だったのよ…

Advertisement