卒乳レポ⑪~きっくんの作戦「押してダメなら…」編~

こんにちは!

ねここあんな。です!

卒乳レポを残しておこうと思います!

このことは2019年3月の出来事です。
(息子は2月に2歳になったばかり。)

 

前回の記事はこちらから↓

卒乳レポ⑩~きっくんの涙ぐましい努力~

卒乳レポまとめはこちら→卒乳レポまとめ

 

ちなみに表紙では「卒乳」というワードを使っていますが、親の都合でやめる場合、正しくは断乳です。

うちでは無理やり断ったかんじにしたくなかったし、ちゃんときっくんに意味を伝えて「卒業しようね」と声をかけていました。

そのため「断乳」ではなく「卒乳」という言葉を当時使っていたんでそのまま「卒乳レポ」という言葉を使っていたわけなんですが…

ブログのコメント欄で正しく書いてくださいとおしかり(?)を受けたので一応記載しておきます。

 

断乳4日目のスケジュール

とにかく溜まっていた家事に追われる午前中でした。

洗濯機3回ぐらい回して片付けしてました。

お昼はサッパリした麺もので、この頃もまだまだ油分の多いものは避けていました。

結論から先に言うと、乳腺炎にはなりませんでしたよ!!!!

本当に3日目まではなんども母乳外来に行こうか迷っていて、近所にないか調べていました…。

で、結構近くにあったんですが…

保険適応外のため、初診で5000円と出ていてもぅビックリ!
たっかww

結局マッサージしたり冷やしたり、自分で上手にやっていくしかないかなと思い4日目となっていました…

でも4日目も期待していたわりにはかなり痛くて、驚いたのを覚えています。

 

この日の夜に夫に任せてシャワーを浴びていると、分泌量が少なめだった左乳のほうが若干柔らかくなっていることに気づきました!!!!

これはかなり安心した…

私の乳がこれからずっと岩だったらどうしようかと思っていました(笑)

 

前回のおさらい

なんとなく今日はきっくんも泣かず、眠れるような気がしていました。

お乳を求めるでもなく、寝室で遊んでいたから。

どんぶらこ~みたいなお伽話をしていた時もありましたが、私の方が退屈で寝てしまいそうだったので…

最近は「デートプラン」とか話しています(笑)

いつか一緒に行きたい夢の国の話とか、自分がしたくて話すことがありますw

 

 

 

 

この日は夫が晩酌しててうらやましかったので、私も少しお話相手にリビングへ戻ったりしていました。

でも!

いくらもう授乳しないからと言って、お酒を飲んだらNGですよ!!!!

 

と、いうのも、まだ断乳していなかった頃にきっくんが体調不良でお乳を受け入れない夜があったんです。

で、安易に「このまま卒業だったりして~」と思いついて…

その晩飲んじゃったわけですよ。お酒を…(私のしくじり)

すでに24時間お乳を与えていなかったうえに、お酒を飲んだ途端おっぱいガチガチに!!

少し飲んだだけなのになんか胸が張ってしまって!もう乳腺炎になるかと思いました…。

で、結局飲むのを辞めたんです。

 

後々調べたら、お酒を飲むと体が温まって血行が良くなってしまい、結果として母乳が作られてしまうんだそうです。

なので一週間は我慢しようと心に決めていました。

 

 

 

22時以降の1時間は夫婦でお話ししていました。

今日のきっくんや、断乳してからどんなふうに変化したか、など。

ご飯も良く食べるようになりましたからね。

 

この断乳が始まってから、久しぶりにゆったり夫婦でお話しできたような気がします。

睡眠が大事と言えど、こうやって二人で話したりする時間だって大切ですよね。

そのバランスがなんとも難しいんだけど…

 

最後に

きっくんの「押してダメならひいてみろ」作戦のなんと愛しいことか…

 

あの小さな頭で(失礼)いろいろ考えて思いついたんだと思いうと…

 

 

なんというかもう、

尊いっす…。