過去最悪の夫婦喧嘩勃発! 息子が楽しく過ごせるように決めた4つのルールとは【息子愛が止まらない!! 第15話】

ウーマンエキサイトの読者のみなさんこんにちは! ねここあんな。です!

今回のテーマは「夫婦喧嘩」!!!

よく喧嘩と仲直りを繰り返している私たち。

そんな私たちが付き合って6年、今までで一番ひどかった喧嘩と言えば…

息子が2歳を迎えて間もなくでした。

きっかけは…

ウーマンエキサイトさんの記事にも載せましたが、2歳になった息子が胃腸炎になった時の出来事でした。

私は看病にいっぱいいっぱいだというのに、翌朝私たちに断りもなく義両親がお見舞いに来てしまったんです…。さらには片道4時間かけて来たならということで、夫は泊まっていくように勧めたのでした。

詳しいことはその時の記事「息子が胃腸炎で苦しむ中、義両親の襲来! お願いだから空気を読んで!」(前後編)を見ていただけたらと思います!

 

ちなみに今回の記事、すぐに飛びたい方はこちらをクリック↓

ウーマンエキサイト

 

 

■なかなか消えない胃腸炎事件の“モヤモヤ”

義両親と過ごす二日間が過ぎてから息子の体調は少しずつ良くなったのですが、私の心の中にはあの時の苦しみみたいなものがモヤモヤと残っていました。

次の夫の休みの日、私は「あの日大変だった分、夫は私に自由な時間をくれるはず」、「夫は息子と散歩にでも出かけて、一週間体調不良の息子と過ごした私に休みをくれて当然」と、漠然とした期待を抱いていました。

そして、私の悪い癖「察してちゃん」が出てしまいました。

もちろん口に出さなければ伝わらない夫は、いつも通り過ごしていました。

それは自分でも考えられないぐらい息苦しい時間でした。

こんなに鬱々したのは産後初めてかもしれません。

夫とうまくやっていく自信を失っていました。

振り返ってみると実はこの数日間はちょうど生理前だったこともあり、余計に体がしんどかったんだと思います。

それでも救いなのは、「だるい」ということを伝えると夕飯を夫がつくってくれたということです。

■ついに切れてしまった! 過去最悪の夫婦喧嘩が勃発

しかし鬱々した気持ちが止まらない私の脳内は、そんな夫の優しささえ理解できずにいました。

完全にダークモードでございます!!!!! 今振り返ってみても恐ろしい脳内だなって思います(笑)

ついに何かが切れる。

頭の中では夫の言い分もわかります。

確かにこの日に限らず、休みの日にはよく掃除や買い物、夕飯の準備などやってくれる人なのです。

だけど私の中にはどうしても「家事よりも育児をやってくれよ」という思いがありました。

なんせこの頃の息子はイヤイヤ期マックスで、今よりも一緒に過ごすのは苦労していました。

 

 

さてこんなにも大激怒してしまった夜、どう解決したのでしょうか…

 

続きはこちらで!

ウーマンエキサイト

 

最後に

 

夫婦喧嘩は犬も食わない。

 

 

 

Advertisement