卒乳レポ⑨~その一言ちょっと待った!編~

こんにちは!

ねここあんな。です!

卒乳レポを残しておこうと思います!

このことは2019年3月の出来事です。
(息子は2月に2歳になったばかり。)

 

前回の記事はこちらから↓

卒乳レポ⑧

卒乳レポまとめはこちら→卒乳レポまとめ

 

前回までのあらすじ

なんやかんやありまして。

3日目の朝です。

朝まで寝ててくれたのは幸いでした(夫にとって)

しかもこの日は水曜日の朝、平日です。

この日仕事の夫は夜中に起こされなくて良かった、というわけです。

 

断乳3日目の朝

この頃はまだ3月なので、外はまだ暗かったと思います。

まぁ前日に言い争いがあった私たちなので、この時はあえて助けに行きませんでした。


↑クリックすると「卒乳レポ③」に飛べます☆

どうしても私は「ごめんね」って言ってもらいたかった。

そしてさらには、私を頼ってもらいたかったわけですw

本当進歩のない私www

 

夫登場!

あれ?なんかイライラしてない?

 

そのイライラは泣く子に向けて?それとも私に向けて?

私に向けてのイライラだったら許すまじ。(笑)

漫画太郎先生ーーーーー!!(笑)

 

全て被害妄想かもしれませんがね。(笑)

とりあえず苛立ったまま「なんで起きてるのに来ないの」張りの勢いで部屋に来たのが腹立たしかったw

 

脳内変換

私のイラっとポイントが、心の広い人にはわかりにくいかなと思います。

この時の脳内での解説者に出てきていただきましょう。

夫婦って将棋のようだね←(誰

でもどっちが勝つとか正しいとかを争うこと自体が間違っているんだよね~(深い)

…ということで、朝の4時からきっくんとリビングで気分転換に遊ぶことになりました!

 

泣き止まないのならいっそ一緒に起きる!

…というのも手じゃないでしょうか。

眠いけどね!!!!

でもせめて、自分の好きな映画とか見たりして過ごしちゃうんだから。

トイストーリーとかつけちゃうんだからっ(笑)

この日は私のが早く起きていたので朝ごはんの準備はしましたよ。

でもね…

普段の夫が私の負担を減らしてくれているからこそ、バランスがとれているんだと思います!

「ありがとう」と思えることが日常の中にたくさんあると、「ごめんね」の一言がなくても「まぁいいか」と思えるのかもしれませんね。

 

最後に

 

 

 

…もはや卒乳関係なくね?