私の兄が「劇症一型糖尿病になりまして」ブログやってます。

こんにちは!

ブログに足をお運びくださり、ありがとうございます!

ねここあんな。です!

今日は私の兄についてご紹介…

というかタイトルの通りなんですが、2年前の5月に私の兄が「劇症一型糖尿病」という病気になりました。

今日はそのことについてちょっと取り上げていきます!

 

兄のブログ「劇症一型糖尿病になりまして」

 

その病気は突然に、、

ある時風邪(だと思っていた症状)が長引いた兄。

しかし実はそれは風邪ではなく、糖尿病だったのだそう。

しかしそのことに全く自覚のない兄は、水分補給にスポーツドリンクを積極的に飲んでいたという。

そう、糖分を摂取していたんです。

そして症状は悪化。

救急車を呼ぶ事態に。

実はこの日、偶然にもうちの息子も入院することになった日なんです。(そのことはまた後日書きます)

さらには私の祖母も道端で倒れたとかで、不思議なことに悪いことって連鎖するのかなって思いましたね。

 

まぁその話は置いといて、救急車を呼ぶ事態って…
相当な状態だったんでしょうね。

 

入院中、様々な検査を経てようやく自分の病名がはっきりしたのだという。

寝耳に水だったと思います。

毎年健康診断ではA判定をもらい、今の今まで「糖尿病」という言葉にまるで関わってこなかった人間がこの病だと告げられたわけですから。

しかもこの「劇症1型糖尿病」は10万人に1人の確率で発症する上に、原因がわからないときたもんだ。

とても不安だったことでしょう。

 

そもそも糖尿病とは?

ここでそもそも糖尿病とは何ぞ?をテーマにしたいと思います。

 

まず健康なひとは、食事をすると一時的に血液中のブドウ糖が増えます。

そこですい臓から出ている「インスリン」というホルモンによってブドウ糖を体内に取り込み、体内に蓄え、エネルギー源として使うことができる状態にしてくれるのだそう。

このインスリンの働きによって、血糖値は一定の範囲内におさまっていられるんです。

ふむふむ。

ところが糖尿病患者さんは、このインスリンが少なくなったり、効きが悪くなったりして、ブドウ糖をうまく血液中から体内に取り込めなくなってしまいます。

そして血糖値が高い状態(高血糖)が長く続くと、さまざまな病気(※糖尿病合併症)を引き起こします。
糖尿病合併症:血糖値が高い状態が続くと血管を傷つけたり、血液をドロドロにしたり、さまざまな負担を血管に与えることで、網膜、腎臓、手足などに障害が現れ合併症を引き起こすこと。

 

糖尿病は、長い時間をかけて血管をボロボロにしていく病気とも言えるんだそう。

 

 

…え、めっちゃこわい。

 

…というか、こわがらせてしまい、すみません。

私も知らなかったことなので、ここで皆さんと一緒に知る機会をつくろうと思ったのですが…

想像以上に恐怖であることを知って、驚いています。

 

ここで一応お伝えしておくと「1型糖尿病」「2型糖尿病」は大きく違うようです。

糖尿病って“食べすぎ”や“糖分の取りすぎ”でなるものだと思いませんか?(私もそう思っていた一人)

“食べすぎ”“運動不足”“ストレス”といった生活習慣が加わって、インスリンの働きを悪くしてしまい発症するのが「2型糖尿病」なのです。※もちろん遺伝的になりやすいとかもある。日本人の糖尿病患者のうち95%はこっち。

 

で兄の「1型糖尿病」は、自己免疫反の異常やウイルス感染により、すい臓のβ細胞(べーたさいぼう)を自分で攻撃してしまい、インスリンを出す機能を壊してしまうタイプ(自己免疫性)と、原因不明のタイプ(特発性)の2つがあります。

兄は原因不明の方かな。

 

甘いの食べ過ぎたら糖尿になるよ~とか気軽に言っていい言葉ではないんだなって思いました。

ちなみに説明文はネットで調べた内容を私の言葉で砕いて書きましたので、間違ってたら言ってください~(;^ ^)

 

自分の病気と向き合う兄

兄の話に戻します。

突然病名を告げらえ、戸惑う兄…

兄のブログ「劇症一型糖尿病になりまして」

↑一番最初のページに飛べます。
深く知りたい方、または同じ病気で悩んでらっしゃる方はぜひ見に行ってみてくださいネ。

 

 

そうなんですよね。

先ほども述べましたが、この時期うちも息子が入院していたのでネットに頼る気持ち本当に良くわかります。

で、結局何を得るかというと…ただただへこむ。恐怖があおられる。不安が倍増するんですよね。

 

 

 

そこでとった兄の行動とは…

私のインスタはこちら

 

唐突にやってくる波ザッパーン(笑)

ちなみに私たち兄妹はなかなか会えない距離に住んでいるので、ラインで絵の内容を打合せしたんです。

で、波は私の勝手なイメージ(笑)

なんか決意を表現するなら波くるよね~!と思って!!!

 

私が言うのもあれですが、兄は本当にポジティブな人。

こんなふうに原因もわからない、完治もしない、と言われた病気を突然患ったにもかかわらず

「おかげで健康を意識できるようになった!」とか言えちゃう人。

本当にすごいと思いました。

 

兄からメッセージ

ブログはこちらですよ!↓

兄のブログ「劇症一型糖尿病になりまして」

 

 

最後に妹の本音

今までだったら飲み屋をハシゴして身体がボロボロになるまで飲んでいた人が、「仕事帰りにジムで筋トレが最高に気持ちいいいぜ!」とか言ってる兄を見て、私は密かに感動しました。

で、実際にその成果がちゃんと数字としてついてきてるから、尊敬もします。

 

糖尿病の方、そのお子さんをお持ちの親御さん、もちろんそうでもない人でも、ブログを訪れた人が元気をもらえるような場所になっているのではと思っています。

悩んでいる方の質問なんかにも答えてくれていますよ。

良かったら足を運んでみてくださいネ。

 

兄のブログはこちら↓

兄のブログ「劇症一型糖尿病になりまして」

 

最後に兄の愛娘を描きましたので載せておこうと思います~!

ほやほや。

かわいすぎ~!

最後まで見てくださりありがとうございました!