出産レポ⑫

ブログにお越しくださりありがとうございます!!

出産レポ⑫です!

 

一度ほかのサイトで描かせていただいたものを修正、加筆して、おこぼれ話等載せながら、あの日のことを書いています☆

今回の部分は一部、インスタでも他サイトでも未公開のものです~!

 

前回までのお話はこちら→出産レポ⑪

まとめ読みはこちら→出産レポまとめ

 

「いきむ」ってなんぞ!?

正直一回目の「いきみ」は痛みでそれどころではありませんでした。

が、しっかり助産婦さんのアドバイスを聞き、次に生かさないと永遠とこの痛みと闘わなければならないのかと思うわけです。

 

うまく産めなくて体力が落ちて何時間もかかった経産婦の話を思い出し、

「いかん、体力のあるうちにこの闘いを終わらせねば」という思いになるのでした。

 

 

次の「いきみ(陣痛)」まで約1~2分の休憩時間…

 

 

 

 

鳴り響く我が子の心拍数…

 

 

 

 

 

ぴんこん…

 

ぴんこん…

 

脳内イメージは、大好きなミッチーです。

意味の分からなかった人はスラダンを読んでください。

私はミッチーが大好きでした。

 

でも冗談ではなく、「この音は赤ちゃんが生きている、頑張っている音なんだ」と思うと力がわきました。

こんな小さな生命が、私を蘇らせる、何度でもよ!!!

 

 

出産って尊い。

 

人生って何をしてきたから役に立つとかって、後になってからわかるんだなと思いました。

部活をしていた時はそれが将来何に役に立つからやろうなんて思って始めていなかった。

けど、今になって、この出産という険しい道のりを越えるのに「あの頃がんばれた自分ならきっと大丈夫」という自信になって力となったのです。

 

あの頃部活やっていて良かった、とこの時になって急に気づかされる…。

 

(部活じゃなくても自分が打ち込んだものがあれば、それをやっていた意味が生まれるような気がします)

 

 

さて二度目のいきみに挑戦!

深呼吸を2~3回、

そして息を止める!

ヘソを見る!!!

背中は椅子にくっつける!!

 

そのことを頭で繰り返しているのに…

またしても天井を見てしまう私!

なんでやねん!!!(笑)

自分でもわかりません。

 

それぐらい痛いんだと思います(笑)

 

それを見かねた夫が参戦!?

これにはめちゃくちゃ救われました(笑)

思わずこの人と結婚してよかったと思った瞬間でした(笑)

頭をガシッと掴まれて、無理やりにおへそを見る姿勢!

 

これが、一人ではなく夫婦で頑張っている!という気持ちになり、かなり勇気づけられました!

夫も「自分も何かしなきゃ!」という気持ちになったのだそうです。

 

陣痛の間はたった1分~2分の出来事なわけですが、この時夫は大きな声で応援してくれたりして本当に嬉しかったです。

奥さんがOKだというなら、ぜひ旦那様も参戦してみましょう!

 

最後に

男は出産のとき何もできないってよく言いますが、そんなこともないんだなということを知りました。

あの時のように夫も一緒に頑張ってくれたおかげで、息子はこの世に生まれたんだと思います。

 

次回、ついに愛息子きっくん登場です!

是非見てくれたら嬉しいです!