察してちゃんはもうやめた! 乳腺炎により変化した家族のカタチ【息子愛が止まらない!! 第6話】

こんにちは、ねここあんな。です!

わが愛息子のきっくんはもう2歳。息子が産まれてからこの2年、私たちは確実に変わっていったなぁと実感しています。

今回はそんな「家族のカタチ」がどう変化していったのかについて描きました。

■産後の乳腺炎がつらかったころ

最初のころはとにかく夜泣き、睡眠不足、乳腺炎、初めての育児での戸惑い、などなど…とにかくしんどかったです!

とくに乳腺炎には何度もなり、高熱と痛みで苦しみました。

この「乳腺炎」というピンチが、私たちの「家族のカタチ」に変化をもたらしたのです。

めそめそして、完全に察してちゃんでした!!

しかし何度か乳腺炎になるうちに…

 

 

と気づいたんです。

 

母として大事なことは?

察してほしいという私のエゴよりも大事なこととは?

続きはこちらから↓↓↓

察してちゃんはもうやめた! 乳腺炎により変化した家族のカタチ【息子愛が止まらない!! 第6話】

ウーマンエキサイトのサイトの記事更新いたしました!

誕生日でも「察してちゃん」だったメンドクサイ自分…

いやでも心当たりある方、きっといるんじゃないでしょーか。

そんな過去の自分と変化した家族のカタチ、良かったら見てくださいね。

よろしくお願いします~!

 

最後に

男性は説明しないとわからないという言葉を聞いたことはありませんか?

でも考えようによっては、「説明すればわかってくれる」というわかりやすい存在でもあるんですよね。

言葉って大事。ですね。

 

ではまた!

よかったらポチっとしてくれたら嬉しいです!↓

 

Advertisement