食べない息子に怒り爆発!私の中の鬼。

こんにちは!
ブログ見に来てくださりありがとうございます!
ここでは現在やらせていただいている連載の告知もしていこうと思っています。

イヤイヤ期?

ここ最近はイヤイヤ期が加速していき、お互い意地の張り合いのようにイライラする場面が増えてきました。

今回はそんなイライラが爆発し、「鬼」と化した出来事について描かせていただきました。

■食べない息子が悩ましい

わが家の愛息きっくんは、あまり食の関心がなく、しかも結構神経質なタイプなんです。

例えば食べたことないものは絶対に口に入れないし、隠して食べさせれば口の中に入れたものを全部出してしまうんです。

昨日食べてくれたものが今日ダメになったり、ちょっとでも食べたこと無いものや野菜類が入っていたら全部出す…(涙)。

少しでも偏った食生活を整えようとあれこれ気に入ってもらえるものを作るのですが、どれもこれも拒絶されるとさすがに私も我慢できず…

い声を荒げてしまいました。

今こうして冷静になってみると、小さいことなんですよね。

でもそのときは、いろんな感情が混在して爆発してしまったんです。

残念なことに「偏った食生活じゃ心配」という気持ちよりも「なんで食べてくれないの~もぉぉぉ」という感情的なものの方が強かったと思います。

身勝手な理由で怒ってしまったことや、大声で威圧する自分はまるで鬼のようでした。

そして私が行きついた“鬼との付き合い方”とは?

良かったら見に行ってもらえると嬉しいです…!
↓↓↓
「私の中の鬼」との付き合い方byウーマンエキサイト

 

■旦那にも鬼出現!?

たまに夫が私と代わってご飯をあげた時に限って、息子はお利口さんに食べたりするんです。

正直悔しくて、悲しくて、もっと夫が困ったりイライラしてくれたら救われるのに…なんて意地悪な考えさえ持っていました。

こちらも「私の中の鬼」との付き合い方に掲載してあります。

心ゆがんでるなぁ~って自覚あるんですけど、どうしても悔しいんですよね…。

いつぞやか言われたセリフ「イライラしてるのが伝わるんだよ♪」という言葉はさすがにカチンときましたが、本当のことかもしれないから何も言えない。

 

最後に

子育てを笑顔でし続ける、そんなお母さんにになりたいと思っていたけれど、誰しも「鬼」にならざる負えない瞬間が来ますよね。

でも最初から「時には鬼にはなるもの」という気持ちでいたほうが、楽なのかなぁなんて思ったりします。

そして子育てって答えがないからこそ、自分の感情とうまく付き合うのが大切なのかもしれません。

さて今日は節分の日です!
自分の中にある、鬼はぁ~外!福はぁ~うち!
明日から、気持ちも明るくしていきたいですね!

 

 

Advertisement